卒会生の活躍
原田剣心会を卒業された方々の写真と戦歴を掲載しております。
1976年第3回世界剣道選手権大会(イギリス)において
個人優勝 横尾英治先輩
1974年(昭和49年)第22回全日本剣道選手権大会優勝
横尾英治先輩
横尾英治先輩の戦歴(昭和40年卒会生)
昭和25年生まれ。
小学2年生より剣道を始める…(筑紫双葉会)原田剣心会に入る。
昭和40年に卒会。

福岡県立朝倉高校1年の時、玉竜旗剣道大会で連続20人抜きの新記録を樹立
2年・3年では、県大会個人で連続優勝しインターハイに出場
埼玉国体では、福岡県代表として3位入賞
國士館大学では、1年生からレギュラーとなり、関東個人で優勝、
全国大会でも2年・4年(主将)時に団体優勝を果たす
卒業後、和歌山県教育委員会に就職し、昭和49年には、
全日本剣道選手権大会に初出場し優勝する。
昭和50年、51年の同大会で3位入賞
全日本剣道選手権には、10回出場し、全日本剣道連盟から表彰される。
平成18年度国民体育大会、兵庫国体の和歌山県選手の大将として出場するなど
現在も現役として活躍している。
現在、剣道教士8段

 
 横尾善嗣先輩の戦歴(昭和37年卒会生)
昭和37年卒会。
朝倉高校から国士舘大学。
インターハイ出場(個人ベスト8)
 松石正隆先輩の戦歴(昭和39年卒会生)
昭和39年卒会。
博多工業から亜細亜大学。
九州実業団剣道大会
優勝1回・準優勝1回・3位1回
 
吉原俊彦先輩の戦歴(昭和41年卒会生)
昭和41年に卒会。
福岡県立筑紫中央高校から日本体育大学。
関東学生剣道大会団体3位 優秀選手賞受賞
全日本学生剣道大会団体ベスト8
全国教職員大会出場4回(団体3位)
指導歴(中学校全国大会出場2回・中学九州大会3回)
横尾孝光先輩の戦歴(昭和43年卒会生)
昭和43年卒会。
柳川商業から福岡大学。
国民体育大会出場。
玉竜旗争奪高校剣道大会準優勝。
   
   
 小山至朗先輩の戦歴(昭和44年卒会生)
昭和44年に卒会。
佐賀龍谷高校から専修大学。
インターハイ出場1回
国民体育大会出場2回
関東学生新人戦団体3位
関東学生剣道大会団体優勝
全日本剣道選手権大会出場
全日本学生剣道大会団体優勝
全国教職員大会出場3回(団体3位・個人戦3位・優秀選手賞受賞)
指導歴(インターハイ出場4回・高校九州大会3回・国体1回)